看護師

厚生労働大臣の免許を受けて傷病者や褥婦(じょくふ)に対する療養上の世話、または診療の補助を業とする者で医者の指示のもと診療の補助を行う。また、患者や家族の不安を取り除くなどの心のケアも重要な役割となっています。

受験資格と難易度

難易度:★★

受験資格:文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣の指定した学校(以下「指定学校」という。)において3年以上看護師になるのに必要な学科を修めた者、修業する見込みの者を含む。

受験データ

受験料:5,400円

試験日:2月

試験場所:北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県

主催
厚生労働省
(社)日本看護協会

試験について

試験内容
人体の構造と機能、疾病の成り立ちと回復の促進、社会保障制度と生活者の健康、基礎看護学、在宅看護論、成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学及び精神看護学

こんな人にお勧め

看護師を目指す人

合格お役立ちサイト

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)