警備員等の検定

警備員の業務に分かれそれぞれ1級、2級で区別され取得する。検定試験に合格するか、警備員特別講習事業センターなどが実施する講習を受講し、修了考査に合格する方法の2種類ある。

受験資格と難易度

難易度:

受験資格:ーーー

受験データ

試験場所:全国

主催
警備員特別講習事業センター

試験について

受験実績
平成22年2月末日現在

施設警備
  修了考査 再試験
実施回数 受験者 合格者 合格率 実施回数 受験者 合格者 合格率
1級 59 3,303 1,938 58.7 29 340 222 65.3
2級 349 21,574 13,334 61.8 239 3,142 1,516 48.2
雑踏警備
1級 34 2,015 1,260 62.5 9 90 52 57.8
2級 328 21,589 15,026 69.6 222 2,341 1,272 54.3
交通誘導警備
1級 32 1,575 925 58.7 13 71 31 43.7
2級 586 38,807 22,700 58.5 461 6,922 3,361 48.6
 
1級 18 1,123 961 85.6 6 28 10 35.7
2級 255 17,070 12,651 74.1 180 2,184 1,583 72.5
核燃料物質等運搬警備
1級 5 118 94 79.7 2 2 1 50.0
2級 6 353 225 63.7 4 23 9 39.1
総計 1,672 107,527 69,114 64.3 1,165 15,143 8,057 53.2

こんな人にお勧め

警備員の仕事を目指す人

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)