法務・労務系資格取得最前線

個人情報保護法検定



「個人情報保護法の背景」と、「個人情報保護法の理解」に大別されています。「個人情報保護法の背景」では「個人情報保護法成立の経緯と取り組み」と「個人情報に関連する事件・事故」の2分野を中心に構成されており、主に施行にいたる背景、国際的な流れ、これまでの事件・事故の事例と、その原因や背景について出題していきます。一方「個人情報保護法の理解」では主に個人情報保護法と関連法規の体系的知識と個人情報保護法の条文を正しく理解し、企業、団体が実際に個人情報を取り扱っていく上で必要とされる取り扱いルールなど、法規の理解と実務を中心に問題を出題します。


難易度 ★★難易度
受験資格 特になし
試験 課題T、課題U合計50問(各6点)
受験料 8,400円
試験日 年4回
試験場所 主要都市
民間資格 民間資格


合格基準
課題T、課題U合計300点満点。240点(80%)以上で合格となります。

主催
(財)全日本情報学習振興協会




個人情報保護法検定取得に役立つサイト


この資格に関してのご意見・アドバイスをお寄せください
資格に関してのご意見
【資格合格者の勉強法】
司法・法務系
司法・法務系資格
司法試験国家資格
司法書士国家資格
行政書士国家資格
弁理士国家資格
ビジネス実務法務検定
法学検定試験
ビジネス著作権検定
ビジネスコンプライアンス検定
個人情報保護法検定
個人情報保護士認定試験
知的財産管理技能検定国家資格
社会保険労務士国家資格
通関士国家資格
海事代理士国家資格
企業情報管理士認定試験
貿易実務検定
貿易スペシャリスト認定試験
米国弁護士
認定コンプライアンス・オフィサー(CCO)
認定プライバシーコンサルタント
※このデータは2007/10月現在のものです。最新情報は公式サイトでご確認ください



資格取得最前線



ブログパーツアクセスランキング