きものコンサルタント一般認定試験

きものの美しい装いを通して、人格を高める現代の服装哲学である。装道と礼法を 身につけた公認きものコンサルタントは、きもの文化やきもの生活の指導者であると同時に、 現代に最も必要な人間教育を展開しています。

受験資格と難易度

難易度:★★★

受験資格:きものの着装指導については2ヵ年以上の実務経験のある方。
きものを教える学院及び教室の卒業生で220時間以上きものに関する教育を修了した方。
その他当協会が資格ありと認めた方

受験データ

受験料:7,500円、23,000円(予備講座受講料)、47,250円(認定登録料)、7,000円(協会会費)

主催
(社)きものコンサルタント協会

試験について

講座内容
装道の理念
きものの知識
ふくら雀の自装、留袖の他装と話法
きものの礼法(講義と実技)
協会活動の概要説明 

試験内容
第1次試験科目(筆記) 
服飾史の概要
きものの種類
帯の種類
小物の種類
下着の種類
素材についての知識(きもの、帯、下着、その他)
調和美(きもの、帯、帯締めの調和、きものと髪型の調和、きものと化粧の調和)
仕立のポイント
着装のポイント
きもののマナー
きものの管理方法(しみぬき、その他の注意)
第2次試験科目(実技) 
きものコンサルタント職務遂行上の実技(着装実技)
説得能力、指導能力(話 法)
きものコンサルタントとしての演出能力

こんな人にお勧め

不明

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)