ガス溶接作業主任者

ガス集合溶接装置を利用した溶接は通常よりも危険性が高い。爆発などの災害をなくすため確実に作業を行う知識が必要です。その資格がガス溶接作業主任者です。社内でも高評価を得れる資格です。

受験資格と難易度

難易度:

受験資格:ガス溶接技能講習を修了しその後ガス溶接などの業務に3年以上経験を有する者
大学、高専にて溶接に関する学科を卒業した者
大学、高専にて工学、科学に関する学科を卒業し1年以上ガス溶接等の業務に従事した者
養成訓練を修了した者
職業訓練指導員免許を受けた者

受験データ

受験料:8,300円

試験日:4、10月または6、12月

試験場所:安全衛生技術センター

主催
(財)安全衛生技術試験協会

試験について

筆記(4科目)

試験内容・時間

試 験 科 目 出題数(配点) 試 験 時 間
・ガス溶接等の業務に関する知識  5問(25点) 13:30~16:30
3時間


科目免除者は
13:30~15:00
1時間30分
 
・関係法令  5問(25点)
・アセチレン溶接装置及びガス集合溶接装置に関する知識  5問(25点)
・アセチレンその他可燃性ガス、カーバイド及び酸素に関する知識  5問(25点)

こんな人にお勧め

ガス集合溶接装置等を利用する人

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)