パターンメーキング技術検定試験

ファッション教育機関に学ぶ学生が、卒業後、アパレル・リテール企業等のパターン技術者として十分な活躍ができるように、また、デザイナーとして就職する際にも習得しておくべき重要な技術として、身に付けてもらう目的で実施するものです。

受験資格と難易度

難易度:★★★★

受験資格:—

受験データ

受験料:筆記試験 2級/3級ともに5,000円 実技試験 2級/3級ともに7,000円 15,000円(1級)

主催
(財)日本ファッション教育振興協会

試験について

マークシート方式100問、製図

試験内容
理論 マークシート方式100問

2級 アパレル企業におけるパターンメーキング、グレーディング、マーキングさらにアパレルCADや縫製仕様書などの書類関係、素材とパターン、サンプルチェックまでのパターンメーカーとして必要な知識に関する出題です。
3級 ファッション業界、特にアパレル企業に関する知識やパターンメーキングの用語、基本寸法などのファッション業界で活躍するための基礎的な知識に関する出題です。


製図
 実技試験の補助的な内容として1/2の縮尺パターン、あるいは実寸パターンを使用して行います。2,3級ともファーストパターンメーキング、工業用パターンメーキング、グレーディングなどが出題されます。

【1級】 課題のデザインと素材などの条件に合わせて自由な方法でパターンメーキングし、シーチングと工業用パターン、縫製仕様書を作成して提出します。原型は当日試験会場で配布されます。

こんな人にお勧め

不明

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)