フラワーデザイナー資格検定試験

昭和42年より協会の「芸術文化の普及」という事業目的に沿って、フラワーデザインの普及と向上のために設けられた試験制度です。文化的な教養として正しいフラワーデザインの習熟度を審査し、それぞれの履習に対応した級別の格付けを行い、 合格者を3級、2級、1級 フラワーデザイナーとして登録しています。

受験資格と難易度

難易度:★★

受験資格:受験日の40日前までに40単位以上を取得

受験データ

受験料:【1級】2,000円(学科)、23,000円(実技)、【2級】2,000円(学科)、18,000円(実技)、【3級】2,000円(学科)、13,000円(実技)

主催
(社)日本フラワーデザイナー協会

試験について

学科、実技

実技試験
【1級】
(2問/アレジメントから1テーマと花束または花嫁の花束から1テーマを指定する)
アレジメント(60分)
①新古典的②単一フォーム③高く上昇する円錐形④弓型⑤相互に入り混じって⑥絵のような
花束(90分)
⑦ほぐれた装飾的花束
花嫁の花束(90分)
⑧流れるような花嫁の花束⑨ほぐれた装飾的花嫁の花束

こんな人にお勧め

不明

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です