ボイラー整備士

ボイラーのなかでも規模の大きい本体や付属設備などの整備作業・管理などの業務に携わる人に与えられる資格。高性能化するボイラーの整備を行う社内でも重宝される人気の高い資格です。

受験資格と難易度

難易度:★★

受験資格:ボイラーまたは第一種圧力容器の整備業務の補助に6ヶ月以上従事した経験を持つ者
小規模ボイラー、小規模第一種圧力容器の整備業務に6ヶ月以上従事した経験者
整備管理・運転系のボイラー運転科を修了した者
ボイラー運転科を修了した者

受験データ

受験料:8,300円

試験日:年3回(2、6、10月)

試験場所:各地方の安全衛生技術センター

主催
(財)安全衛生技術試験協会

試験について

試験内容・時間

試 験 科 目 出題数(配点) 試 験 時 間
・ボイラー及び第一種圧力容器の整備の作業に関する知識 10問(30点) 13:30~16:00
2時間30分

科目免除者は
13:30~15:10
1時間40分
・ボイラー及び第一種圧力容器の整備の作業に使用する器材、 薬品等に関する知識 5問(20点)
・関係法令 5問(20点)
・ボイラー及び第一種圧力容器に関する知識 10問(30点)

こんな人にお勧め

大規模ボイラーの整備を目指す人

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)