ライフセーバー

水辺での悲しい事故をなくすことを目標に行われている活動です。海岸等の監視・救助活動の他、水の安全に関する教育活動、ライフセーバーの技術向上のための競技会等、「水辺の事故ゼロ」を目指して全国各地で活動を行っています。資格は10種類あります。

受験資格と難易度

難易度:★★★

受験資格:年齢19才以上。ベーシック・サーフ・資格取得後1年以上経過、ビーチパトロールを20日間以上経験している、泳力800mを14分以内、50mを35秒以内、潜行25m以上、立ち泳ぎ10分以上

受験データ

講習時間:28時間(7時間×4日)

期限:3年

主催
日本ライフセービング協会

試験について

講習内容
救助技術・事故想定トレーニング、ビーチマネージメントマリンスポーツの知識、救助器材の活用と管理、蘇生法他

こんな人にお勧め

ライフセーバーの仕事に就きたい人

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)