介護福祉士

高齢化が進むなか需要も多く、将来性も高い資格です。専門的な知識、技能が要求されます。門的知識及び技術をもって、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うことを業とする者を言います。

受験資格と難易度

難易度:★★★★

受験資格:介護福祉士国家資格に合格 or 介護福祉養成施設を卒業

受験データ

受験料:12,500円

試験日:筆記:1月、実技:3月

申込期間:初秋頃

試験場所:都市

主催
(社)介護福祉士会

試験実績(平成20年度実施の第21回試験結果)
受験者数130,830人、合格者数67,993人(合格率52.0%) 

試験について

筆記120問(210分)
実技

試験科目
【筆記】社会福祉概論、老人福祉論、障害者福祉論、リハビリテーション論、社会福祉援助技術(演習を含む。)、レクリエーション活動援助法、老人・障害者の心理、家政学概論、医学一般、精神保健、介護概論、介護技術及び形態別介護技術
【実技】介護等に関する専門的技能

こんな人にお勧め

介護サポートに興味がある人

合格お役立ちサイト

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)