保険請求事務技能検定試験

医療事務を専攻している大学や専門学校、各種職業訓練校の学生も受験。試験内容は実技と学科で実技は診療報酬請求事務(レセプト作成)、学科は医療保険制度、診療報酬、薬価、材料等の基礎知識、医療用語などが問われる。資格取得後は医療機関に勤務し、保険請求事務の専門家として活躍できる。

受験資格と難易度

難易度:★★

受験資格:日本医療事務協会が認定する医療事務講座を修了したもの、医療事務講座修了レベルの知識を有しているもの

受験データ

受験料:7,000円

試験日:年6回(4月・6月・7月・9月・12月・3月)

主催
日本医療事務協会

試験について

調査中

こんな人にお勧め

医療機関で、保険請求事務の仕事がしたい人

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)