個人情報保護法検定

「個人情報保護法の背景」と、「個人情報保護法の理解」に大別されています。「個人情報保護法の背景」では「個人情報保護法成立の経緯と取り組み」と「個人情報に関連する事件・事故」の2分野を中心に構成されており、主に施行にいたる背景、国際的な流れ、これまでの事件・事故の事例と、その原因や背景について出題していきます。一方「個人情報保護法の理解」では主に個人情報保護法と関連法規の体系的知識と個人情報保護法の条文を正しく理解し、企業、団体が実際に個人情報を取り扱っていく上で必要とされる取り扱いルールなど、法規の理解と実務を中心に問題を出題します。

受験資格と難易度

難易度:★★

受験資格:特になし

受験データ

受験料:8,400円

試験日:年4回

試験場所:主要都市

主催
(財)全日本情報学習振興協会

試験について

課題Ⅰ、課題Ⅱ合計50問(各6点)

合格基準
課題Ⅰ、課題Ⅱ合計300点満点。240点(80%)以上で合格となります。

こんな人にお勧め

不明

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)