医療福祉環境アドバイザー

医療福祉の環境ホスピタリティの基本として、感染予防などを本格的に勉強する資格となります。さらに、医療・福祉・介護従事者が受験する「感染予防の唯一の専門資格」でもあります。資格の取得は、医療福祉の現場で働く人にとって必要な「感染症対策」と「メンタルケアの知識」の裏づけとなります。

受験資格と難易度

難易度:★★

受験資格:特になし

受験データ

受験料:15,750円(1級)10,500円(2級)7,350円(3級)

試験日:6月、11月

試験場所:東京・名古屋・ 大阪・福岡

主催
日本医療環境福祉検定協会

試験について

選択形式
1級は記述式あり

合格基準
約70%

こんな人にお勧め

不明

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)