商業施設士

“商業施設の企画・設計・デザイン・監理等の知識及び技能に関して”、社団法人商業施設技術者・団体連合会が認定する資格として35年を経過しています。商業施設士は、店舗設計を行うデザイン事務所や設計事務所、マーケティング・コンサルテーションを行うコンサルタント事務所等の個人事務所や、建設会社、設計・施工会社、大手のディスプレイ業及びコンサルタント・カンパニー等々に勤務している方が多くいます。また、広告代理店や百貨店、さらには道路公団関係、鉄道関係の会社などありとあらゆる商業施設づくり(技術)に携わる多くの職場で人々が日常利用しているさまざまな商業施設の、運営・管理システムや、店舗の構成・デザインなど、商業施設づくり(技術)の総合的な知識や経験を備えた専門家として位置づけています。

受験資格と難易度

難易度:★★★

受験資格:20歳以上

受験データ

受験料:21,000円

試験日:7月

試験場所:札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡

主催
(社)商業施設技術者・団体連合会

試験について

調査中

こんな人にお勧め

不明

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)