天気検定

天気は私たちの生活に深く関わっています。洗濯物の乾き具合から農林水産業、金融、交通、健康、美容、文化など、挙げればきりがありません。雨の降り方、暖冬の原因など、気象現象そのものについて不思議に思うこともあるでしょう。天気に関わる幅広い分野で、様々な知識を身につけることができます。四季に恵まれた日本の自然を愛する心が育まれ、コミュニケーションの導入としても活用することができます。

受験資格と難易度

難易度:★★

受験資格:—

受験データ

主催
天気検定協会

試験について

試験内容
【1級】
地球物理学及び
気象庁業務 ・熱力学・降水過程・各種天気図・数値予報・放射・メソ対流系・中層大気・気候変動など 
・気象観測・衛星画像・各種予報・長期予報 など 
社会、生活への応用
気象災害と防災・気候変動・気象と産業・気象と経済・生気象 
・気候風土など 
【2級】
学習指導要領に準ず 
・大気圏の構造・熱力学・大気大循環・光学現象・放射・四季の気象擾乱・気候変動・都市気候など 
天気検定独自分野
※ 公式テキストから5割程度出題+応用 
【3級】
学習指導要領に準ず
・水蒸気と雲・雨、雪、雹などの成因・気圧と風・気団・霧・高気圧、低気圧と天気変化・前線・台風、風の吹き方・四季の天気図・気象観測、アメダス、気象衛星・天気図の見方 
天気検定独自分野
公式テキストから8割程度出題 
【4級】
学習指導要領に準ず
・水の3態・十種雲形・雲の種類と天気変化・天気予報の見方 
天気検定独自分野
公式テキストからそのまま出題 

合否判定
各級200点満点のうち、65%程度で合格(多少の変動はあります)。 

こんな人にお勧め

不明

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)