得する資格を取得する

世の中たくさんの資格があります。超難関の資格もあれば講習を受けるだけで取得できるもの、種類も国家資格に民間資格、公的な資格まで実に様々です。

どの資格をとるかは自由ですが、やっぱり、就職・転職はもちろん給料や役職に反映される役立つ資格を取得したいところです。

まったく自分に関係のない資格をとってもそれはただの趣味です。受験料を払う価値があるかどうかを見極める必要もあると思います。

そのためには自分の職場・職種、目指す職場・職種をよく理解している必要があります。職場で必要にかられてから取得する人も少なくないと思いますが、先を見越して取得するほうが資格と言うのは得をします。

長い期間、その資格の恩恵を受けれるだけでなく、すべてではないかも知れませんが、基本的にその資格取得が難しくなることはあっても簡単になることは少ないと思われます。

いつかは取得を目指すなら、早めに取得し、さらなるスキルアップ、ステップアップを目指し頑張るほうが効率が良いと思われます。

自分が得する資格をいち早く理解し、行動に移すことも考える必要があると思います。

どの資格を目指すのかが大事

持っていて損はない資格ですが、使える資格を選択する必要があります。職業によっては持っていなければ就けないものや、持っていれば給料や出世に関わる資格など自分の職場、自分が目指す職場をよく考えて選ぶ必要があります。

資格を取得するにも当然お金がかかりますが忘れがちなのが取得するために費やす時間です。限られた時間で勉強する人も多いと思いますが、目指す資格をしっかりと役立てるプランを考えてから行う必要があると思います。

国家資格から民間、公的資格を含めると実にたくさんある資格ですが、自分の職場に役立つ資格はそんなに多くはないと思います。限られた予算、限られた時間を有効に活用するためには役立つ資格を厳選して取得する必要があります。

資格取得のためにがんばる前に、役立つ資格を探すことが重要です。

受験者の合格、不合格の違い

情報系の専門学校の講師と食事する機会がありました。そこで資格に関するお話が聞けたのでその内容をまとめてみました。沢山の資格取得を目指す生徒を見てきただけに数字だけでなく、実感としての意見も聞けたので有意義でした。

管理人が心に残った一言は「受かると思った生徒が落ちることはあるが、落ちると思った生徒が受かったことがない!」ということでした。はっきり言って資格は受かった者勝ちです。資格取得にどれだけ勉強したかは関係ありません。すべては合格・不合格で判断されます。

受けなければ合格はあり得ません。しかし、落ちると思われた生徒が受かったことがないということは運だけでは難しいことが実感として感じているのですから受験するにはそれなりの実績が必要なのだと思いました。

ただし、難関の国家資格に関しての意見です。管理人自信が受かると思わなかった資格でも受かったこともたくさんあるので、難関と呼ばれる資格にかんしての意見と受け止めています。

さすが難関と呼ばれる国家資格だけあって運ではなかなか受かることが難しいことが良く分かる意見だったと思います。そして、合格する人は試験前にある程度の自信があるということも実力がそのまま、合否を分けているということも感じさせられます。自信がない!受かるか分からない!と思っている人は今の知識では難しいと考えても良さそうです。

最後まで自分を信じてある程度の実績の伴う自信が受験前には必要なのかも知れません。そのためには後悔がないように、受験対策をしっかりしておく必要があります。

受験前の自信を高めるためにもしっかりとした勉強法を考え、必ず合格するという強い信念を持ているよう努力する必要があるかもしれません。当サイトではその自信を高めるための有益なテキスト、通信講座、スクールなども紹介していますので一発合格を目指す人には特に参考にしてもらいたいと思います。

学習計画の作り方

難関な資格、割と簡単に取れる資格に関わらず、学習計画は必ず必要になってきます。勉強のスケジュールを立てずに勉強することは不可能です。

しかし、せっかくスケジュールを立てても計画通りに進まないことも少なくないと思います。それではせっかくスケジュールを考えても意味がないことになってしまいます。無理のない計画を立てることが大事になってきます。

専門学校や、教材を作る際もカリキュラムには非常に時間をかけています。それだけ資格取得のために重要なことだということが分かります。

そこで無理のない学習計画を立てるために、毎日確実に行える勉強時間をしっかりと把握する必要があります。やる気のある日、すこしサボりたい日が人間ならあるのは仕方ないことです。無理のない計画をたてるためには楽な計画を立てる必要があるのです。そしてその楽なカリキュラムでしっかりと試験の範囲をカバーできなければなりません。

もちろんダラダラ1時間勉強するよりも集中した15分のほうが効率が良い事は間違いありません。集中して勉強できる時間がどれくらいなのかを自分で知ることが重要です。

とにかく出来ないスケジュールは立てる時間が無駄です。確実にこなせるスケジュールを試験日を考慮して考えれば無駄なく試験勉強できると思います。計画をしっかり考えることにより合格までの道のりがかなり近くなると思います。

時間をうまく使って勉強しよう

管理人も資格取得を目指すために、様々な勉強法を勉強してきました。そこで管理人の勉強方法は時間を掛けすぎていたことに気づいたのです。というよりも、勉強法を調べていたら教えられたのです。

年間にいくつもの難関資格を取得する資格ホルダーの方は、なぜ合格できるのかを羨ましい思いと同時に、不思議でなりませんでした。管理人が何年も勉強しても受からなかった資格を、年間にいくつもの合格をしている内のひとつとして取得してしまっているからです。

しかし、答えは単純です。元も子もない言い方をすれば、管理人は無駄に努力していただけなのです。努力量としては、その凄腕の資格ホルダーの方に負けない自信はありますが、資格に関しては結果が全て、受からなければ全く勉強していないのと同じです。

管理人はその中でも一つ、考え方を改めさせられた事があります。それは、難しい問題にぶつかったとき、本番さながら悩んで答えをだしていました。しかし、その人はそんなやり方をしていなかったのです。

少し悩んだらすぐに答えを見て確認していたのです。その人が言いました。「悩んで出た答えが正しいのなら意味があるかもしれないけど、間違っていた場合、その間違った答えの方が記憶に残る可能性がある」と言うのです。

たしかに長時間考えたのは間違った答えです。その答えが記憶に強く残る可能性は否定できません。しかも、問題なのは管理人がその一問を勉強してる間にその人は何問も答えを確認しながら次々と勉強しているのです。

この短い間の話だけでも努力や時間の量が同じでも、勉強量ははるかに管理人のが少ないのです。これが無駄に時間をかけた勉強をしていた答えのひとつです。上手に勉強すればいくつもの難関資格を取れるものだと確信したきっかけでした。

勉強するタイミングも大事

資格を取得するためには勉強が大事ですが、その勉強をするタイミングも重要です。効率の悪いときの勉強は避けることも考えなければならないのです。同じ量を身につけるなら短時間で終わらせたいものです。

例えば、徹夜で資格勉強に挑む人も、ほんとうにその時にやったほうが良いのかを考える必要があります。徹夜は勉強をやった感が味わえるけど、実際には身についておらず単なる自己満足だという人もいます。

それをするぐらいなら朝早く起きて勉強したほうが身につくという言葉を管理人は何度か聞いたことがあります。徹夜でボーッとしだしてからの最後の2時間分ぐらいは寝てしまって朝からの30分のほうが頭に入ることがあるのです。

まあ、徹夜明けでさらに勉強しても効率は良くないはずで、単純に徹夜時間を損しているだけでなく翌日の全ての損をすることになりかねません。

資格勉強をするすべての人にも言えるのですが、忙しいサラリーマンにありがちな徹夜勉強はよく考え直したほうが良いと思います。ただし、朝の勉強は朝食前が良いらしいです。食事をしてからだと勉強効率が落ちるそうなので、多少の空腹は我慢して勉強すると良いそうです。

目標は小さく!

自分のスキルを高めるために、今後の人生をプラスにするために資格取得を目指している目標の高い人だと思いますが、勉強となれば目標が高いのはマイナスな場合があるので注意が必要です。

とにかく勉強は目先の目標を確実にこなすことが大事なのです。「この一冊を今日中にやるぞ!」と意気込むと挫折することが多いということなのです。そして目標が大きすぎて一つ一つが疎かになってしまうのです。

「とりあえず、この10問を頑張ろう!」と考えたほうが気が楽になりますし、その10問のコトだけを考えることが出来ますので効率が上がるそうです。そして結果的には大きな目標であった一冊を終えた時には後者の目標を小さくしたほうが身についている事が多いそうです。

やる気の大きさと効率は必ずしも比例しない良い例だと思います。これは勉強計画にも言えることで、目標を今日から毎日4時間勉強するぞと無理な計画をするとほぼ挫折します。特に受験生と違いサラリーマンには仕事の都合上、無理も生じてくることが多いと思います。

毎日、1時間とか30分を確実に勉強する計画を立てれば、30分では落ち着かなくなってくるそうで、そういう危機感が出てこれば1時間、2時間と勉強すれば良いだけの話なのです。

毎日やるというのはかなり難しいことです。しかしどんなにやる気が起こらない日でも出来る量を計画し絶対に守ることをすれば挫折が少なく計画通りに勉強できるのです。目標が小さくという言葉はマイナスなイメージですが、実際には効率の良い言葉でもあったのです。

高いレベルの集中力で

人の集中力はもってどれくらいなのか?「20分」という言葉を聞きました。管理人もそれぐらいだと感じます。決して集中力がないと言われる人ではありませんが、本当の意味で集中できるのは20分が限界なのではないでしょうか?

20分を超えると、多少なりとも集中力が途切れ、チラッとほかの事を考えてしまう、そういう意味での本当の高いレベルの集中力の事を言っています。学生時代には授業が50分、90分と有りましたが、それだけの時間、高いレベルで集中して聞いている人はいないという事なのです。

つまり、本当にベストなのでは20分授業なのかもしれません。集中力が散漫になっている時間に勉強するぐらいなら少し休憩を挟んだほうが効率が良いですし、無駄な体力を使わなくて済みます。

もし、あなたが資格勉強の時間スケジュールを決めているのなら、集中力という面も考慮して休憩を入れると良いと思います。連続勉強時間などなんの自慢にもならないのです。

勉強とはどれだけの時間勉強したかを問われるものではないのです。どれだけ身についたかを問われるのです。質の高い勉強をする必要があるのです。つまり、高いレベルで勉強できる時間をどれだけ作れるかということなのかもしれません。そう考えるとこまめに休憩を入れたほうが、集中している時間をたくさん作れるのです。

間違いを恥じろ!

問題集などを進めていく上で、自分の間違った問題についての考え方で二度と同じ間違いを行わない方法は、間違えたことを恥じることです。間違えていない問題を喜ぶことよりも、恥ずかしい思いをしたほうが記憶に強く残るからです。

つまり、答えあわせを、淡々と行い、間違った問題をチェックするだけでは、間違えたことすら記憶に残らないばかりか、間違えた答えを正解と勘違いしてしまうことだってありえます

間違えたことをものすごく恥じることが暗記には重要なことなのです。間違えた自分を責めてください、間違えた事を恥ずかしいと思ってください。間違えたことを悔しんでください。

そうすることにより、間違えた事実を忘れないとともに、二度と同じ問題で墓穴を掘ることがなくなります。理にかなった勉強法だと感じました。

賢い勉強法を学べ!

あなたがよほど人間離れした才能や脳を持っていないのなら、賢い勉強法を学ぶことが大事だと思います。闇雲に勉強をすれば良いわけではないのです。同じ100の単語数を勉強するにも、ある人は1週間かかりますが、ある人は数時間で記憶してしまい、しかも間違えなく身についている人もいるのです。

それは勉強法によるものも大きいのです。効率よく勉強するためには効率の良い勉強法を知る必要があります。賢い勉強法を学ぶだけでかなりのメリットがあります。

当然、同じ知識を得る時間は雲泥の差がでてくるでしょう。そうなれば睡眠時間が多くなりますし、休憩時間も多く取れます。そしてなにより合格する確率も格段に高くなります。

資格は努力したものが救われるものではありません。努力の量など一切考慮されないのです。「どれだけ身についているか?」ただ、それのみです。もっと言ってしまえば、「テストでどれだけ答えが当たったか!」ということのみを判断材料としています。

あなたの徹夜自慢や連続勉強時間、何年勉強してきたなどはまったく意味がないことなのです。元も子もない言い方をすれば不合格なら「無駄な努力」になってしまうのです。

資格のテキストを開く前に賢い勉強法を学ぶことにより今目指している資格はもちろんいくつもの資格を取得することだって可能になるはずです。賢い勉強法は必ず身に付けておきましょう!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)