情報配線施工技能検定

厚生労働省より特定非営利活動法人特定非営利活動法人 高度情報通信推進協議会が、職業能力開発促進法第47条第1項の規定に基づき指定試験機関の指定を受けて、実施するものです。試験は、試験基準に基づき学科試験及び実技試験が行われ、合格者には情報配線施工技能士の合格証書が発行されます。


受験資格と難易度

難易度:★★★

受験資格:情報配線施工関連業務に従事している者及び従事しようとしている者


受験データ

受験料:1級 28,000円(実技)、7,500円(学科)、2級 22,000円(実技)、7,000円(学科)、3級 6,500円(実技)、6,500円(学科)

主催

高度情報通信推進協議会


試験について

試験概要

等級 実技試験 2) 学科試験
1級 150分 90分
2級 90分 60分
3級

60分 
(作業試験、ペーパー試験各30分)

60分


合格基準
・学科試験は満点の70%以上の得点を得た者を合格とする。
・実技試験は次のとおりとする。
イ 1級及び2級の場合、作業試験の各課題において配点の60%以上得点を得て、かつ、合計が満点の75%以上の得点を得た者を合格とする。
ロ 3級の場合、作業試験、ペーパー試験それぞれにおいて配点の60%以上得点を得て、かつ、合計が満点の75%以上の得点を得た者を合格とする。


こんな人にお勧め

不明

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です