放射線取扱主任者

様々な分野で放射性の元素、発生装置を利用されていますが、取扱いは慎重を要し、放射線障害の防止、管理、監督する責任ある職務の資格。事業所ごとに必要になるため需要は高く社内でも優遇される資格です。

受験資格と難易度

難易度:★★★★

受験資格:特になし

受験データ

受験料:9,900円(2種) 13,900円(1種)

試験日:8月

試験場所:札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡

主催
(財)原子力安全技術センター

試験について

マークシート方式(択一式)

合格基準
試験課目ごとの得点が5割以上であり、かつ、全試験課目の合計得点が6割以上

こんな人にお勧め

放射線を利用する職務を目指す人

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)