無線従事者

無線従事者(無線設備の操作又はその監督を行う者であって総務大臣の免許を受けた者)の資格は、無線従事者国家試験に合格することによって取得することができます。協会は総務大臣から指定試験機関に指定され、無線従事者のすべての資格(23資格)についての国家試験を実施しています。


受験資格と難易度

難易度:★★★

受験資格:特になし


受験データ

受験料:13,150円(総合3級)、16,750円(総合2級)、18,850円(総合1級)

試験日:3月、9月

申込期間:前々月の1~20日

試験場所:都市部

主催

(財)日本無線協会


試験について

多肢選択(マークシート)

種類

無線従事者 (総 合) 第一級総合無線通信士
第二級総合無線通信士
第三級総合無線通信士
無線従事者 (航 空) 航空無線通信士
航空特殊無線技士
無線従事者 (海 上) 第一級海上無線通信士
第二級海上無線通信士
第三級海上無線通信士
第四級海上無線通信士
第一級海上特殊無線技士
第二級海上特殊無線技士
第三級海上特殊無線技士
レーダー級海上特殊無線技士
無線従事者 (陸 上) 第一級陸上無線技術士
第二級陸上無線技術士
第一級陸上特殊無線技士
第二級陸上特殊無線技士
第三級陸上特殊無線技士
国内電信級陸上特殊無線技士
無線従事者 (アマチュア) 第一級アマチュア無線技士
第二級アマチュア無線技士
第三級アマチュア無線技士
第四級アマチュア無線技士


こんな人にお勧め

通信、無線関連に従事する人

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です