産業カウンセラー

現代はまたストレスの時代ともいわれ、メンタルヘルス不調者の増加や過労自殺など「職場のメンタルヘルス」は喫緊の問題となっています。そのため、職場のメンタルヘルスケアの重要性が認識されてきており、「心の健康づくり専門スタッフ」「心理職」として産業界のことにも明るい「産業カウンセラー」が求められています。 

受験資格と難易度

難易度:★★

受験資格:4年制大学学部及び大学院研究科において心理学又は心理学隣接諸科学、人間科学、人間関係学のいずれかの名称を冠する学部又は専攻(課程)の卒業者であって、次号に定めるA群からG群までの科目において、1科目を2単位以内として10科目以上、20単位以上を取得していることを要する。ただし、D群からG群の科目による取得単位は6単位以内とする。

受験データ

受験料:31,500円

試験日:1月

主催
(社)日本産業カウンセラー協会

試験について

調査中

こんな人にお勧め

不明

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)