社会保険労務士

企業内の労務管理のアドバイス、指導などから法令にもとづき書類作成を行う社会保険労務士の資格。幅広い知識と能力を必要とする国家資格。社会保険労務士になるには、社会保険労務士試験に合格した後に、連合会に備える社会保険労務士名簿に登録(実務経験2年以上又は事務指定講習の修了が必要)することが必要です。

受験資格と難易度

難易度:★★★★

受験資格:大学にて一般教養科目の修了者、62単位以上を修得した者、短大、高専、一部の専門学校を卒業した者
行政書士となる資格を有する者、税理士などの国家資格を有する者。
公務員として行政事務に通産3年以上従事した者など

受験データ

受験料:9,000円

試験日:8月

申込期間:4,5月頃

試験場所:都市部

主催
全国社会保険労務士会連合会

試験について

試験科目
一 労働基準法及び労働安全衛生法
二 労働者災害補償保険法
三 雇用保険法
三の二 労働保険の保険料の徴収等に関する法律
四 健康保険法
五 厚生年金保険法
六 国民年金法
七 労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識

こんな人にお勧め

労務管理に従事する人

合格お役立ちサイト

あなたの時間は限られている!最も効率的な法律学習法!【資格スクエア】

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)