赤十字救急法基礎講習修了者

手当の基本、人工呼吸や心臓マッサージの方法、AEDを用いた除細動などを習得できます。救急員養成講習では、日常生活における事故防止、止血の仕方、包帯の使い方、骨折などの場合の固定、搬送、災害時の心得などについての知識と技術を習得できます。

受験資格と難易度

難易度:★★

受験資格:満15歳以上の者

受験データ

受験料:1,500円

主催
日本赤十字社

試験について

試験内容
傷病者の観察の仕方及び一次救命処置(心肺蘇生法、AEDを用いた除細動、気道異物除去)等救急法の基礎

こんな人にお勧め

不明

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)