重度訪問介護従業者

訪問介護を行う者の資格の一つで、都道府県知事の指定する重度訪問介護従業者養成研修の課程を修了した者をいう。特に障害が重いと認定された障害者(障害程度区分3~6)の重度訪問介護業務に従事する。資格付与(修了証明書・修了証書が資格証となる)については講習施行者によって行なわれる。

受験資格と難易度

難易度:★★

受験資格:自治体により異なる

受験データ

受験料:10,000円~

主催
各都道府県の福祉担当

試験について

研修のみ

こんな人にお勧め

訪問介護の仕事に就きたい人

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)