陸上競技審判員

陸上競技会では、多種目の競技が同時に行われるために、数多くの審判員が必要です。その役職も多岐にわたっています。競技者や役員の受け付け事務を行う係りから、写真判定や跳躍・投てきの判定、計測を行う係りまであります。 競技会の規模によって、役員編成70~80人程度の小規模競技会から役員が300人を超える大規模競技会まであります。その規模によって置かれる役職も様々です。

受験資格と難易度

難易度:★★

受験資格:【B級】18歳以上で登記競技者または登録会員者

受験データ

主催
(財)日本陸上競技連盟

試験について

調査中

こんな人にお勧め

不明

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)