電気工事施行管理技士

電気工事の工程、安全、品質管理を行うための資格で一定以上の規模の工事を請け負うためには必要不可欠な資格です。


受験資格と難易度

難易度:★★

受験資格:2級:大卒者は1年、短大高専は2年、高卒者は3年、その他の者は8年間の実務経験を持つ者。1級:指導監督的実務経験年数を1年以上含み、大卒者は3年、短大高専は5年、高卒者は10年、その他の者は15年間の実務経験を持つ者。2級技術検定合格後5年以上


受験データ

受験料:11,800円(1級は学科、実地それぞれ11,800円)

試験日:11月(2級)、6月学科,10月実地(1級)

申込期間:6,7月頃(2級)、2,3月頃(1級)

試験場所:札幌・青森・仙台・東京・新潟・金沢・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・鹿児島・沖縄

主催

(財)建設業振興基金


試験について

試験基準
施工管理法
設計図書で要求される電気設備の性能を確保するために設計図書を正確に理解し、電気設備の施工図を適正に作成し、及び必要な機材の選定、配置等を適切に行うことができる高度の応用能力を有すること。


こんな人にお勧め

電気工事に従事する人

合格お役立ちサイト

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です