DIYアドバイザー

住まいの手入れ、補修、改善等を自らの手で行ない、快適な生活空間を創造したいと願う生活者を対象に、DIYの指導・相談にたずさわる人です。人々の住生活向上への関心が高まるとともに、DIYに必要な用品が広範囲であること、DIYの方法も作業環境条件等によって変わることなどから、DIYアドバイザーへの期待と要望がさらに高まっていくものと考えられます。

受験資格と難易度

難易度:★★

受験資格:満18歳以上

受験データ

受験料:13,650円+1,050円 13,650円(登録料)

試験日:8月

試験場所:東京、大阪、名古屋、札幌、福岡

主催
(社)日本DIY協会

試験について

試験内容
一次試験<学科>範囲1~5
 1. 住宅及び住宅設備機器に関する基礎知識
 2. DIY用品に関する知識
 3. DIYの方法に関する知識
 4. DIYの関連法規に関する知識 
 5. 1~4に掲げるものの他、DIYに関する基礎知識
二次試験<実技・面接>範囲6.7
 6. DIYに関する実技の能力
 7. DIYerの相談内容を正しく理解し、これに基づいて的確に指導助言を行う能力

こんな人にお勧め

不明

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)