DTP検定

職種別にI種からIII種まで3コースそろっていることが、大きな特徴で、独立を目指すデザイナーやクリエイターなどプロフェッショナルに向けたプロフェッショナルDTP(I種)、企画・編集職や広報職向けのディレクションDTP(II種)、社内外向けの資料を作る営業職や事務職をはじめ、すべてのビジネスマンに向けたビジネスDTP(III種)です。このように、想定するシチュエーション別に検定内容を分けた、より実践的な資格制度になっています。

受験資格と難易度

難易度:★★★

受験資格:特になし

受験データ

受験料:16,500円(I種)、13,600円(II種)、11,800円(III種)

主催
Works Corporation

試験について

CBT方式

合格基準
各種とも80%以上の正解率を合格

こんな人にお勧め

出版・広告・印刷などメディア業界を目指す人

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)