Flashクリエイター能力認定試験

今やAdobe FlashはアニメーションやゲームなどのWebコンテンツ作成ソフトとして、世界標準ソフトとなっております。また、グラフィック、オーディオ、テキストなどの様々なメディアを組み合わせた動きのあるインパクトの強いWebページデザインをすることが出来るため、Webクリエイターを目指すには必須の技術といえます。Flashクリエイター能力認定試験は、Flashを活用してインタラクティブ性の高いWebページを作成するための技術・能力を測定する試験として、企業、大学、専門学校やパソコンスクールといったあらゆる教育機関において活用されています。毎年、受験者は増加しており、今後更に注目される資格と言えます。


受験資格と難易度

難易度:★★★

受験資格:特になし


受験データ

受験料:7,100円(上級)6,500円(初級)

主催

(株)サーティファイ


試験について

受験実績
累計受験者数:3,564名
合格率:80.2%(平成20年度平均合格率)

認定基準
【上級】
高度なアクションスクリプトや詳細なプロパティ設定を行うことができ、よりインタラクティブなWebコンテンツを作成できる。
【初級】
Flashの機能や作成方法の概要を理解し、文字や簡単な図形を駆使したWebコンテンツを作成できる。

合格基準
正答率が、全級ともオブジェクト作成部門 65%以上、タイムライン作成部門 70%以上とする。


こんな人にお勧め

不明

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)