はり師・きゅう師

はりは金属針で体のツボを刺激して自然治癒力を高める東洋医学に基づく伝統的なもので、きゅうとは体の表面にもぐさを置き燃やして熱刺激することによって治療する漢方治療です。

受験資格と難易度

難易度:★★

受験資格:大学に入学することのできる者で、3年以上、文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣の認定した学校又は厚生労働大臣の認定した養成施設において、はり師となるのに必要な知識及び技能を修得したもの。

受験データ

受験料:15,100円

試験場所:北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、鹿児島県

主催
厚生労働省

試験について

試験内容
医療概論(医学史を除く。)、衛生学・公衆衛生学、関係法規、解剖学、生理学、病理学概論、臨床医学総論、臨床医学各論、リハビリテーション医学、東洋医学概論、経絡経穴概論、はり理論及び東洋医学臨床論。ただし、同時にきゅう師国家試験を受けようとする者に対しては、はり理論又はきゅう理論以外の共通科目について、受験者の申請によりその一方の試験を免除する。 

こんな人にお勧め

はり師・きゅう師を目指す人

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)