コンクリート技士

コンクリートの製造、施工、検査、管理の一般業務を行うコンクリート技士は社内でも高評価で建設業の基盤となる資格です。

受験資格と難易度

難易度:★★★

受験資格:

コンクリート技士
コンクリートの製造、工事、試験、研究などの実務経験を3年以上有する者
大学、高専、工業高校で土木工学、建築学に関する課程を修めた卒業者で実務経験2年以上有する者
コンクリート主任技士
コンクリートの製造、工事、試験、研究などの実務経験を7年以上有する者。
コンクリート技士取得後2年以上の実務経験を有する者
大学、高専で土木工学、建築学に関する課程を修めた卒業者で実務経験4年以上有する者
工業高校で土木工学、建築学に関する課程を修めた卒業者で実務経験5年以上有する者

受験データ

受験料:コンクリート技士:8,400円 コンクリート主任技士:10,500円(筆記)、8,400円(口述)

試験日:筆記:11月、口述:翌1月

申込期間:8,9月頃

試験場所:記述:札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、東広島、高松、福岡、那覇 口頭:東京

主催
日本コンクリート工学協会

試験について

筆記(主任技士は筆記と口述)

こんな人にお勧め

コンクリートの製造、施工などの業務に従事する人

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)