不動産鑑定士

地域の環境や諸条件を考慮して「不動産の有効利用」を判定し、 「適正な地価」を判断します。つまり、不動産鑑定士は、不動産の価格についてだけでなく、不動産の適正な利用についての専門家でもあります。公平な立場から不動産を調査し的確な価額を算出する不動産鑑定士。不動産業界はもちろん独立・開業を目指す人にも人気の資格です。

受験資格と難易度

難易度:★★★

受験資格:特になし

受験データ

受験料:13,000円

試験日:5月(短答式)、8月(論文式)

申込期間:3月頃

試験場所:都市部(論文式は東京、大阪、福岡)

主催
(社)日本不動産鑑定協会

試験について

短答式、論文式

試験内容
短答式:不動産に関する行政法規/不動産の鑑定評価に関する理論の2科目
論文式:民法/経済学/会計学/不動産の鑑定評価に関する理論(演習問題)/不動産の鑑定評価に関する理論(論文問題)の5科目
実務:国土交通大臣の登録を受けた実務修習機関において「実務修習」を受けます。

こんな人にお勧め

動産に関する仕事を目指す人

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)