和裁検定試験

4級から1級の4レベルがあり、筆記・部分縫い・実技試験で、和裁の知識と技能を検定する。4級と3級は家庭で活用できるレベルだが、それでも4級は制限時間6時間で女子用浴衣を縫う実技が課せられる。

受験資格と難易度

難易度:★★

受験資格:特になし

受験データ

受験料:5,250円(4級)、10,500円(3級)、13,650円(2級)、15,750円(1級)

試験場所:東京都(4~1級)、高松市(4~2級)、佐世保市(4~2級)

主催
東京商工会議所

試験について

実技、筆記

試験内容

試験科目 制限時間
4級 実技 女子用浴衣
ばちえり仕立て・寸法は指定しない
3時間30分
筆記 和裁の常識と裁断図解、
被服の種類に関する出題区分表の範囲から
20分
3級 実技 女子用あわせ長着
広えりで仕立て・寸法は指定しない
材料は自由
7時間
部分縫い 被服の種類に関する出題区分表の範囲から 30分
筆記 職業としての和裁の常識と裁断図解、
被服の種類に関する出題区分表の範囲から
20分
2級 実技 女子用あわせ長着
広えりで別付けとし寸法は指定しない
材料はつむぎ以外の絹布(羽二重・りんず・ちりめん等)とする
6時間30分
部分縫い 被服の種類に関する出題区分表の範囲から 3時間
筆記 職業としての和裁の常識と裁断図解、
被服の種類に関する出題区分表の範囲から
1時間
1級 実技 女子用あわせ長着
広えりで別付けとし寸法は指定しない
材料はつむぎ以外の絹布(羽二重・りんず・ちりめん等)とする
8時間30分
部分縫い 被服の種類に関する出題区分表の範囲から 3時間
筆記 職業としての和裁の常識と裁断図解、
被服の種類に関する出題区分表の範囲から
1時間


合否判定
70点以上(100点満点)

こんな人にお勧め

不明

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)