管工事施工管理技士

配管工事、設備工事など様々な範囲で管工事は行われています。需要も高くこの資格を利用して開業する人も多いです。建設現場になくてはならない技術者なので人気も高いです。

受験資格と難易度

難易度:★★★

受験資格:

2級:
指定学科卒業、大卒後1年以上の実務経験者、短大・高専卒業後2年以上の実務経験者、高卒後3年以上の実務経験者。
指定学科以外卒業、大卒後1年6ヶ月以上の実務経験者、短大・高専卒業後3年以上の実務経験者、高卒後4年6ヶ月以上の実務経験者。
8年以上の実務経験者。
「配管」の合格者で4年以上の実務経験者
1級:
指定学科卒業、大卒後3年以上の実務経験者、短大・高専卒業後5年以上の実務経験者、高卒後10年以上の実務経験者。
指定学科以外卒業、大卒後4年6ヶ月以上の実務経験者、短大・高専卒業後7年6ヶ月以上の実務経験者、高卒後11年6ヶ月以上の実務経験者。
2級合格後5年以上の実務経験者。
2級合格後1年以上の専任の主任技術者経験を含む3年以上の実務経験者。
「1級配管」の合格者で10年以上の実務経験者

受験データ

受験料:8,500円

試験日:11月、1級:9月(学科)、12月(実地)

申込期間:4,5月頃

試験場所:都市部

主催
(財)全国建設研修センター

試験について

学科:機械工学、施工管理法、法規、実地

試験内容
学科試験
機械工学等
1 .管工事の施工に必要な機械工学、衛生工学、電気工学及び建築
学に関する一般的な知識を有すること。
2 .冷暖房、空気調和、給排水、衛生等の設備に関する一般的な知
識を有すること。
3.設計図書に関する一般的な知識を有すること。
施工管理法 管工事の施工計画の作成方法及び工程管理、品質管理、安全管理
等工事の施工の管理方法に関する一般的な知識を有すること。
法規 建設工事の施工に必要な法令に関する一般的な知識を有すること。

こんな人にお勧め

建設現場に従事する人

合格お役立ちサイト

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)