葬祭ディレクター技能審査

葬祭業界に働く人にとって必要な知識や技能のレベルを審査し、認定する制度です。葬祭業界に働く人々の、より一層の知識・技能の向上を図ることと併せて、社会的地位の向上を図ることを目的としている。平成8年3月に厚生労働省(当時、労働省)の認定を受けた制度です。試験は、葬祭ディレクター技能審査協会(平成7年設立、以下、本協会)が実施し、葬祭ディレクター(1級、2級)の認定については本協会が行っています。

受験資格と難易度

難易度:★★

受験資格:2年以上の実務経験者

受験データ

受験料:

1級

学科試験

8,000円(消費税含む)

実技試験

45,000円(消費税・資材費含む)
2級

学科試験

8,000円(消費税含む)

実技試験

30,000円(消費税・資材費含む)

試験日:年1回

主催
葬祭ディレクター技能審査

試験について

学科、実技

合否判定
【学科】70%以上の得点
【実技】作業試験の課題1、課題2、課題3、実技筆記試験の点数を合計して70%以上の得点。

こんな人にお勧め

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)