視能訓練士

昭和46年に制定された「視能訓練士法」という法律に基づく国家資格をもった医療技術者です。私たちのほとんどは、眼科で医師の指示のもとに視機能検査を行うと共に、斜視や弱視の訓練治療にもたずさわっています。視機能検査とは、視力、視野、屈折、調節、色覚、光覚、眼圧、眼位、眼球運動、瞳孔、涙液、涙道などの検査の他に、超音波、電気生理学、写真の撮影検査などがあります。

受験資格と難易度

難易度:★★

受験資格:大学に入学することができる者で、文部科学大臣が指定した学校又は厚生労働大臣が指定した視能訓練士養成所において、3年以上、視能訓練士として必要な知識及び技能を修得したもの。

受験データ

受験料:15,800円

試験場所:東京都及び大阪府

主催
厚生労働省
(社)日本視能訓練士協会

試験について

試験内容
基礎医学大要、基礎視能矯正学、視能検査学、視能障害学及び視能訓練学 

こんな人にお勧め

視機能検査の仕事を目指す人

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)