Autodeskマスター試験

CADシステムを駆使して設計業務が行える人材は、建築をはじめ電気・電子、機械、自動車、服飾などあらゆる業界で必要とされています。そのCADアプリケーションのスタンダードがAutoCADです。「Autodeskマスター試験」は、世界シェアNo.1のAutodesk社が提供する各種CADアプリケーションの知識・操作技術・技能について認定するベンダー試験です

受験資格と難易度

難易度:★★★★

受験資格:ーーー

受験データ

主催
オートデスクマスター試験センター

試験について

CADベーシック
]WBT方式(アプリケーションは必要なし) 
AutoCADオペレータ
メディア供給方式(AutoCADまたはAutoCAD LTが必須) 
AutoCADマスター
WBT方式(AutoCADまたはAutoCAD LTが必要な問題を含む) 
Inventorマスター
WBT方式(Autodesk Inventorが必須)

試験概要
CADベーシック試験
CADに関係する職業に就いて間もない方、または将来就職、転職を希望する方で、CADを理解する上での基礎知識の理解度を確認いたします。
CADで出来ること、活用方法などを学ぶ事で、自身の学習意欲を高めることを目的とする試験です。
AutoCADオペレータ試験
オートデスク社のAutoCAD/AutoCAD LTを利用し、主に製図業務に従事しているCADオペレータを対象としています。
当該CADシステムおよびCAD機能について基本的な知識・技能を身につけ、基本的な作図業務が行える、実務経験1年未満の方を想定して試験を行います。
AutoCADマスター試験
オートデスク社のAutoCAD/AutoCAD LTを利用し、主に製図・設計業務に従事している方を対象としています。
1000点満点の試験で、得点に応じて、管理者として適切な指示や判断ができる[プラチナ]、チームリーダーとして実際の業務に即した設定や操作ができる[ゴールド]、 モデラーやオペレータとして設計内容を図面化することができる[シルバー]、3段階の資格を取得できます。

こんな人にお勧め

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)