CISM(公認情報セキュリティマネージャー)

情報セキュリティの国際的資格であり、日本語名称を『公認情報セキュリティマネージャー』と呼称します。 ISACA(情報システムコントロール協会)により、2002年に資格制度が創設され、2003年度より試験が開始されました。

受験資格と難易度

難易度:★★★★

受験資格:特になし

受験データ

受験料:【早期】ISACA会員US$415.00 非会員US$545.00  【最終】ISACA会員US$465.00 非会員US$595.00

試験日:6月、12月の第2土曜日

試験場所:東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄

主催
情報システムコントロール協会 東京本部

試験について

試験概要
情報セキュリティ・ガバナンス(23%)
情報リスク・マネージメント(22%)
情報セキュリティ・プログラム・ディベロップメント(17%) 
情報セキュリティ・プログラム・マネージメント(24%) 
インシデント・マネージメントとレスポンス(14%) 

合格基準
200点から800点までのスケールドスコアにおいて450点以上が合格

こんな人にお勧め

不明

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)