宅地建物取引主任者

構成で円滑な不動産取引を行う専門家の資格。不動産業界はもちろん一般企業、金融関係などまで幅広く活用できる人気の国家資格です。

受験資格と難易度

難易度:★★★★

受験資格:特になし

受験データ

受験料:7,000円

試験日:10月

申込期間:7月頃

試験場所:各都道府県の会場

主催
(財)不動産適正取引推進機構

試験について

マークシート(4肢択一)50問

試験基準・内容
宅地建物取引業に関する実用的な知識を有するかどうかを判定することに基準が置かれています。(宅建業法施行規則第7条)
試験の内容は、おおむね次のとおりです。(同第8条)
土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。 
土地及び建物についての法令上の制限に関すること。 
宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。 
宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。 
宅地及び建物の価格の評定に関すること。 
宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。 

こんな人にお勧め

不動産取引に従事する人

合格お役立ちサイト

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)