販売士検定

資格取得し組合で3年以上の実務経験を積めば与えられる称号の中小企業診断士。組合の中核をになう人材として活躍できます。

受験資格と難易度

難易度:★★★★

受験資格:特になし

受験データ

受験料:7,500円(1級)、5,500円(2級)、4,000円(3級)

試験日:12月

試験場所:都市部

主催
日本商工会議所

試験について

筆記試験(1級は面接も)

試験内容
【1級】
小売業の類型、マーチャンダイジング(100分)
ストアオペレーション、マーケティング(100分)
販売・経営管理(50分)
※面接試験(表現力・説得力・問題意識)
【2級】
小売業の類型、マーチャンダイジング(80分)
ストアオペレーション(120分)
【3級】
小売業の類型、マーチャンダイジング、ストアオペレーション、マーケティング、販売・経営管理、(150分)

合格基準
1級:筆記試験の得点が平均70%以上で、1科目ごとの得点が50%以上、かつ、面接試験で合格と判定されること。
2級:筆記試験の得点が平均70%以上で、1科目ごとの得点が50%以上。
3級:平均70%以上で、1科目ごとの得点が50%以上。

こんな人にお勧め

中小企業の組合役員

合格お役立ちサイト

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)