速記技能検定

国会、地方議会、裁判所などだけでなく、学会、政党大会など速記を必要としている場面は意外に多い。正確でかつ速く伝える必要があります。6級から1級までのレベルがある文部科学省後援の民間資格。

受験資格と難易度

難易度:★★★★

受験資格:特になし

受験データ

受験料:1,200円~5,000円

試験日:1、5、8、11月

申込期間:4、7、10月、12月頃

試験場所:東京、名古屋、京都、福岡(年4回)都市部で年3回

主催
(社)日本速記協会

試験について

講演形式の労働分の速記

各級概要

  1級 2級 3級 4級 5級 6級
分速 320字 280字 240字 180字 120字 80字
朗読時間 10分 10分 5分 5分 5分 5分
総字数 3200字 2800字 1200字 900字 600字 400字
反訳時間 130分 130分 60分 60分 60分 60分
合格ライン 98% 98% 97% 97% 96% 96%
許容失点 64字 56字 36字 27字 24字 16字

こんな人にお勧め

速記のスペシャリストを目指す人

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)