ティーインストラクター

広く一般の生活者に対して「紅茶に関する正しい知識と、紅茶の正しいいれ方の技術を講習する」ために必要な能力を開発する。

受験資格と難易度

難易度:★★

受験資格:—

受験データ

受験料:10,000円 受講料:270,000円 認定料:40,000円

試験日:9月と3月

主催
日本紅茶協会

試験について

試験認定基準
ジュニア(ティーインストラクター3級)
日本紅茶協会が定める規定の単位(年間40単位 )を習得し、資格認定試験に合格した者を「ティーインストラクター3級(ジュニア)」として認定し、日本紅茶協会の資格認定証書を授与します。
シニア(ティーインストラクター2級)
ティーインストラクター3級(ジュニア)の資格を取得した後、5ヶ年以上の実務経験と日本紅茶協会が定める受験資格(海外研修を含む)を有するものを対象に、資格認定試験を実施し、日本紅茶協会の資格認定証書を授与します。
マスター(ティーインストラクター1級)
ティーインストラクター2級(シニア)の資格を取得し、紅茶業界での諸活動を通じて10年以上の実務経験を有し、その他基準をクリアし且つ日本紅茶協会の資格認定委員会で、その人格、識見、並びに実績が公正に認められた者を「ティーインストラクター1級(マスター)」として認定し、日本紅茶協会の資格認定証書を授与します。

カリキュラム

1 「歴史・文化」と「紅茶学入門」講座 7単位
2 「紅茶製造」実習 1単位
3 「ティーテイスティング」実習 5単位
4 「紅茶のいれ方」と「バリエーション」指導実習 14単位
5 「大量紅茶のいれ方」指導実習 1単位
6 「ティーパーティーの開き方」などの実演・実習講座 他 12単位
合計 40単位

こんな人にお勧め

不明

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)