COBOLプログラミング能力認定試験

汎用性の高い事務処理計算言語のCOBOL。銀行などの大型計算機に活用されています。保守、移管等ができる団塊世代の大量退職によりCOBOLのプログラミング能力を有する人が注目されています。

受験資格と難易度

難易度:★★★

受験資格:教育機関(大学・短期大学・専門学校・高校・職業訓練校・スクール等)、各種法人、企業等の団体

受験データ

受験料:2,100円

試験日:4月

受験実績
合格率:63.2%(平成20年度平均合格率)

合格基準
正答率が60%以上

主催
サーティファイ ソフトウェア活用能力検定委員会

試験について

多肢選択解答形式(マークシート形式)90分

こんな人にお勧め

プログラマを目指す人

合格お役立ちサイト

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)