Excel表計算処理技能認定試験

情報処理、コンピューター系のみならずさまざまな場面で利用されるExcelビジネス実務として優遇される資格です。1級から3級まであります。3級は簡単な表計算入力、作成、基礎知識が問われます。

様々な企業が利用していますが、機能自体が豊富なソフトを完璧に使いこなせる人は少ないです。この資格を持っているだけで幅広い就職に有利です。累計合格者数は、32万人を超えています。

受験資格と難易度

難易度:★★

受験資格:特になし

受験データ

受験料:5,300円(3級)6,400円(2級)7,500円(1級)

試験日:

申込期間:

試験場所:全国25都市(公開)全国主要都市にて実施

受験実績
累計受験者数:445,075名(平成21年3月31日)
合格率:76.2%(平成20年度平均合格率)

合格基準
知識問題65%以上、かつ実技問題65%以上の正答率

主催
サーティファイ ソフトウェア活用能力検定委員会

試験について

筆記、実務試験

  知識試験 実技試験
1級 30分 90分
2級 30分 90分
3級 30分 60分

こんな人にお勧め

幅広い職業に対応しています

合格お役立ちサイト

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)