Linux+

Linux技術業務の「実務能力」を評価する認定資格です。ソフトウェアやハードウェアの両面から、Linux環境の運用する上でバランスのとれた実務能力が問われます。

受験資格と難易度

難易度:★★★★

受験資格:特になし

受験データ

主催
CompTIA 日本支局

試験について

制限時間90分 問題数98問
100~900のスコア方式 合格スコア675

出題範囲

試験分野 出題比率
第1章 インストール 19%
第2章 管理 26%
第3章 コンフィギュレーション 20%
第4章 セキュリティー 21%
第5章 ドキュメンテーション 6%
第6章 ハードウェア 8%

こんな人にお勧め

Linux技術業務をする人

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)