応用情報技術者試験

ソフトウェアを開発する際に重宝されます。プログラムなどからのソフトウェア開発はもちろん基本情報技術者の指導まで行うプロフェッショナルで、豊富な知識で幅広い業務をこなすための資格です。

試験範囲も広く難易度は高いですがソフトウェア開発のプロを目指すなら持っておいたほうが良い資格です。

受験資格と難易度

難易度:★★★★

受験資格:特になし

受験データ

受験料:5,100円

試験日:年2回(4月、10月の第3日曜日)

申込期間:1ヶ月前から

試験について

  午前 午後
試験時間 9:30~12:00(150分) 13:00~15:30(150分)
出題形式 多肢選択式(四肢択一) 記述式
解答数 出題数:80問
解答数:80問
出題数:12問
解答数:6問

こんな人にお勧め

情報処理技術者のプロフェッショナルを目指す人

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)