EC(電子商取引)実践能力検定

ネットワーク社会への対応を推進するために基礎知識から外部、内部、セキュリティ管理、危機管理、法律知識などの能力が問われる試験です。最低限のIT知識を身につけたい人も多く受験している。

受験資格と難易度

難易度:★★★

受験資格:特になし

受験データ

受験料:10,000円(ECマスター)、6,000円(1級)、5,000円(2級)、4,000円(3級)

試験日:2月、10月

申込期間:

試験場所:日本商工会議所

試験について

3級受けるレベルにより異なる

試験方法

ECマスター(プレゼンテーション時間は10分間、質疑応答を含めて30分程度)

自社あるいはクライアント企業において、ネットワーク運用や情報セキュリティなどに関し、企業をネット社会に対応させた企画立案力、指導力、実行力などの実績のプレゼンテーション

1級(40分)

ネット試験 (三択、五択、穴埋め問題等)

2級(40分)

ネット試験(三択、五択、穴埋め問題等)

3級(30分)

ネット試験(二択、三択、穴埋め問題等)

合格基準

ECマスター:実績の内容による

1級~3級:70点以上合格(100点満点)

こんな人にお勧め

ネットワーク社会への対応において、意思決定にあたる(求められている)経営者、役員、管理職および他企業の指導や社員教育にあたる指導者

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)